【节能环保领域】专利技术摘录


【专利名称】能量密度高、充电放电循环效率高、用于含有硅的锂电子充电电池的活性物质、锂电子充电电池用负极以及锂电子充电电池
【关键词】锂电子充电电池、锂电子充电电池用负极、锂电子充电电池用活性物质、石墨、硅

【专利概要】

エネルギー密度が高く、良好な充放電サイクル特性を示す、リチウム二次電池用活物質、リチウム二次電池用負極、およびリチウム二次電池の技術を提供します。
携帯電子機器等の電源として用いられるリチウム二次電池には、一般的には負極の活物質として黒鉛を代表とする炭素材料が用いられています。
しかしながら黒鉛ではリチウムがLiC6の組成までしか挿入できず、理論エネルギー容量は372mAh/g程度です。高容量化のためにシリコンを活物質とする場合は、理論エネルギー容量が4200mAh/gと大容量の電池が実現可能とされていますが、シリコンを活物質とする負極は、充放電時の大きな体積変化に伴い活物質の脱落等が発生し充放電により容量が低下する問題がありました。
本技術はこの点を解決するもので、活物質として、シリコンと酸素と、30at%超~80at%以下の炭素とを含有するアモルファスかつ準安定相にあるものが有用です。


【专利名称】适用于400℃以上的中高温环境的热电变换组件
【关键词】热电变换组件、400℃以上、耐热、发热发电、小型冰箱

【专利概要】

400℃以上の中高温下でも熱電変換効率良く、廃熱発電、小型冷蔵庫等に適用できる熱電変換モジュールを提供します。熱エネルギーと電気エネルギーを相互に変換する熱電変換モジュールは、工場や自動車等から排出する廃熱を利用し、これを電気エネルギーに変換、又は逆に電気エネルギーを熱に変換し、局部的に加熱又は冷却できますので、電子デバイスや小型冷蔵庫等に適用でき、環境問題やエネルギー問題解決の手段として期待されています。
しかし、400℃を超える温度条件下では、部材間の線膨張係数の違いにより、部材接合部に生ずる熱応力が大きく、繰り返される熱履歴のため接合部が破損する恐れがあり、また、接続工程で生ずる熱に耐えられない熱電素子に対しては適用し得ないこともあります。
本技術は、吸熱部、熱電変換部及び放熱部より構成され、400℃以上の中高温域でも、効率良く、しかも経時的劣化や性能低下の極めて生じにくい熱電変換モジュールです。
自動車、工場等における400℃以上の廃ガスや焼却炉から発生する熱を高温の状態のまま回収し、電気エネルギーとしてリサイクルすることを可能にします。


【专利名称】振动水柱型波力发电装置用的具有高效率变换功能的动力变换装置
【关键词】振动水柱型波力发电装置、动力变换装置、变换效率、低成本

【专利概要】

エネルギー変換効率を損なうことなく、振動水柱型波力発電装置に利用できる動力変換装置を提供します。従来の振動水柱型波力発電では、常に
1)空気室内の加圧状態と減圧状態の両方の時間帯で発電を行い、加圧状態の時に空気室に作用する大きな浮力の処理のために、空気室に多額のコストが必要です
2)また、従来二方向タービンの方式では、往復流から一方向に回転する軸の動力を獲得する階段でエネルギー変換効率が一方向タービンの効率に比べてかなり低下します
本技術による動力変換装置は、加圧状態の時間帯のみ、或いは減圧状態の時間帯のみにおいてエネルギー変換することで、エネルギー変換効率を損なうことなく一定の向きに回転する軸の運動により動力を獲得できます。また、空気室内の加圧状態において生じる過大な有効浮力の増大による空気室の流失を回避できるため、装置の低コスト化もできます。

作者:administrator

Leave a Comment