【节能环保领域】专利技术摘录


【专利名称】可以实现燃料电池轻量化•高性能化•持久性提升以及可降低生产成本的固体高分子电解质型燃料电池用两极板的生产技术
【关键词】固体高分子电解质型燃料电池、燃料电池用的两极板、燃料电池轻量化、高性能化、持久性的提升、生产成本降低

【专利概要】

燃料電池の軽量化・高性能化・耐久性の向上、及び製造コストの低減を可能とする固体高分子電解質型燃料電池用バイポーラプレート技術を提供します。従来のバイポーラプレートは、多孔質グラファイトに熱硬化性樹脂のフェノール樹脂を含浸させ、グラファイトの孔を充填してプレートにした後、ガス流路を機械加工しています。グラファイトの物理的特性上、機械的強度が低く、水素ガス遮断性が十分でない欠点がありますので、バイポーラプレートを厚くしなければならず、単位重量あたりの発電効率向上の妨げとなっています。
本技術は、斯かる課題を解決するために、熱可塑性樹脂と導電性材料とを混合した高分子複合材料を成形した導電性を有する樹脂基板上に、樹脂基板側に密着層、樹脂基板から離間する側に集電層を各々備える導電性金属層を形成したものです。熱可塑性樹脂にはポリカーボネート樹脂とアクリロニトリルーブタジエンースチレン共重合体樹脂との混合物、導電性材料として炭素材料、集電層としてPdまたはPd-Ni合金を用いています。


【专利名称】将正极和负极配置于同一面、不需要电解质膜的构造简洁的超小型燃料电池技术
【关键词】超小型燃料电池、不需要电解质膜、构造简洁

【专利概要】

アノードとカソードを同一基板の同一面に配置し、且つ電解質膜不要の簡素な構造の超小型燃料電池技術を提案します。
本技術は、アノードとカソードとを別の基板上に形成してこれを位置合わせする従来の燃料電池と異なり、アノードとカソードとの位置合わせを必要とせず、更には、電解質膜を用いることなく、燃料として燃料液、酸化剤としてガス状の酸化剤、又は酸化剤として酸化剤液、燃料としてガス状の燃料を用いて有効に発電が可能な電池です。即ち、基板の表面に凹陥部を形成し、凹陥部の少なくとも底面を含む内面領域にアノード及びカソードのいずれか一方を、凹陥部を形成した表面の近接する縁部領域にアノード及びカソードの他方を、離間させて形成した超小型燃料電池です。
小型化が可能で、超小型デバイス用の電源として有用、さらには集積化することにより、一般的な電子機器用の電源としての利用も期待できます。


【专利名称】能量密度高、充电放电循环效率高、用于含有硅的锂电子充电电池的活性物质
【关键词】锂电子充电电池、充电电池用活性物质、充电电池用负极、非晶质膜、电气化学式成膜法、电气镀膜法

【专利概要】

Liイオン二次電池のサイクル特性が大幅に改良される、アモルファス膜製の負極活性物質、及びその製造技術を提供します。リチウム二次電池の高容量化のために、シリコンを活物質とした場合理論エネルギー容量が4200mAh/gのリチウム電池が実現可能とされていますが、シリコンを活物質とする負極は、充放電するときの大きな体積変化に伴い活物質の脱落等により、充放電容量が低下する問題がありました。
本技術はこの問題を解決するもので、リチウムイオンを有する電解溶液を用いて、負極活物質を電気化学的成膜法の電気めっき法により作成するものです。製造される活物質は炭素含有量が10~30at%で、SiとOとCとが均一に分散しているアモルファス物質で、XPSおよびグロー放電発光分光分析によれば、活物質の結合状態は、全体に一定であり、Si-Ox-Cy(X=1.29)の組成を有しています。
電池特性の評価によれば、黒鉛負極のものに比較して3倍近い高容量を示し、且つ300回サイクル後も初期の98%を維持するなど非常に安定しています。

作者:administrator

Leave a Comment