【节能环保领域】专利技术摘录


【专利名称】对畜产类焚灰产生的羟磷灰石、磷酸氢钙进行分离和回收实现磷资源的再利用和储藏的技术
【关键词】畜产类焚灰、家畜粪尿、磷资源的循环、羟磷灰石、磷酸氢钙

【专利概要】

畜産系焼却灰からのヒドロキシアパタイト、リン酸水素カルシウムとしての分離・回収によるリン資源の再利用、貯蔵技術を提供します。
本技術は、リン資源をリサイクリングするための技術の一つで、とくに平成16年度10月より施行された「家畜ふん尿の適正処理に関する法律」が適用される農畜産産業から廃棄される家畜ふん尿を有用なリン回収資源として、その焼却灰からリン成分を分離・回収、さらには、資源としてのリンの貯蔵手段としての回収技術です。
技術の概要は、
1)畜産系焼却灰から鉱酸水溶液(好ましくはpHを2以下にする)を調製する
2)水酸化ナトリウムあるいは水酸化カルシウムを用いてpHを調整し鉄イオンを除去する
3)次いで、それらアルカリ水溶液と混合することにより、リンをヒドロキシアパタイト及び/又はリン酸水素カルシウムの無機リン化合物として選択的に凝集・沈澱させる、リンの分離・回収技術です。 回収されたヒドロキシアパタイト、リン酸水素カルシウムは再利用または貯蔵が可能です。


【专利名称】通过废弃玻璃纤维强化塑料的再利用实现高强度多孔质陶器的开发
【关键词】废弃玻璃纤维强化塑料、再利用、多孔质陶器、保水性连锁铺砌法、屋顶绿化用基板

【专利概要】

廃棄ガラス繊維強化プラスチックを再利用した軽量且つ強度の高い多孔質セラミックの製造技術法を提供します。 現在,廃棄ガラス繊維強化プラスチックはほとんどが埋立て処分されており,環境汚染の原因となっており、その有効活用が強く求められています。
本技術は、斯かる問題を解決するもので、粘土に粉砕した廃棄ガラス繊維強化プラスチックを混合して焼成することによりプラスチック母体を分解し,残留するガラス繊維により強化された多孔質セラミックスを製造するものです。
本技術により、従来有効活用が困難であった廃棄ガラスプラスチックの再利用ができると共に、軽量で高吸水性及び高強度の特性を持つセラミックスが作製可能であり、また安価な粘土の使用で,一般的なタイルと同等以上の強度が得られ、材料費が非常に安価という利点もあります。
河川堤防用のタイルや保水性インターロッキングブロック、屋上緑化用基板等の用途として利用可能です。


【专利名称】在低温环境下也能够高效实现油脂分解的新微生物以及利用此微生物处理含有油脂废水的技术
【关键词】油脂分解性微生物、含有油脂废水的处理技术、动物性油脂·油、猪油、油脂分解效果

【专利概要】

低温環境下においても優れた油脂分解能を有する新規微生物及びそれを用いた油脂含有廃水の処理技術を提供します。本技術は、厨房等からの廃水中に含まれる動植物性油脂を効率よく分解することが可能な新規な油脂分解性微生物、微生物が産生する油脂分解性酵素、並びにそれらを用いた油脂含有廃水の処理技術です。
従来、ラードは様々な料理に用いられ、廃水中のラードの量も無視できませんが、分子量が大きいために分解され難いだけでなく、融点が低いためにグリストラップ内で固体となり水中に溶解乃至懸濁しないため、微生物による分解が一層困難です。
本技術はそれに対応したもので、ラード等の動物性油脂に対して優れた分解活性を有し、低温においても優れた分解活性を有する新規シュードモナスエスピー(Pseudomonas sp.)WU-LM1、それが細胞外に分泌産生する油脂分解性酵素等を用いた油脂含有廃水の処理技術で、冬季・寒冷地の低温条件下でも油脂を分解します。ラードを多用するレストラン等において有用です。

作者:administrator

Leave a Comment