中国企業、日本の医療機器メーカーとの代理契約を募集

概要:
中国企業が医療や健康分野において、日本でのパートナーを募集。

詳細:
同中国企業は現在、中国国内で日本や韓国の医療機器を販売し、年販売額は約1億元(約17億円)。韓国メーカー数社と代理店契約を結んでいるが、日本の製品は中国の代理店から仕入れており、同企業は日本の医療機器メーカーと直接代理店契約を結びたいと考えている。

整形外科、消耗品、四肢および関節のリハビリといった医療設備に興味を持っている。代理店契約が成立した場合、同企業は日本メーカーに代わりCFDA(国家食品薬品監督管理総局)の申請を行い、費用も負担する。中国市場で医薬品や医療機器、健康食品などを販売する場合CFDAへの登録が必要となり、一般的に費用は100~200万元(約1700~3400万円)程度。

投稿者: administrator

Leave a Comment