【2018/05/24開催】一帯一路日本研究センタービジネスフォーラム

一帯一路日本研究センタービジネスフォーラム「新展開する一帯一路構想と日本の役割――法務・経営の現場から」

日時:2018年5月24日午後16時30分~18時50分

参加費:500円(資料代)会員・一般共、取材は無料

主催:一帯一路日本研究センター(BRIJC)
共催:一般社団法人アジア連合大学院機構(GAIA)、国際アジア共同体学会(ISAC)
後援:一般社団法人国際貿易投資研究所(ITI)、日本華人教授会議 (交渉中)

場所:専修大学神田校舎7号館

プログラム:
<基軸報告>
范云涛(亜細亜大学大学院国際経営教授・中国登録弁護士)「一帯一路構想の新展開とビジネス法務戦略――日本企業の役割を求めて」

<基調報告>
稲田堅太郎(中国日本法円坂法律事務所大連代表処代表)「日中法務交流協力から学ぶ一帯一路構想への日本の未来」

伊藤正(イトーソリューションズ&コンサルティング(株)社長)「中国ビジネス30年の経験から見た日中経済協力と一帯一路構想」

中川十郎(名古屋市立大学特任教授・日本ビジネスインテリジェンス協会会長)「揚凌自由貿易試験区と大連医療産業特区の場合――農業食糧・医療特区に見る一帯一路新展開」

<来賓挨拶(予定)>
袁玉湘(中国電網公司日本事務所主幹)
<閉会挨拶>進藤榮一(一帯一路日本研究センター代表・国際アジア共同体学会会長)

ビジネスフォーラム終了後(19:00~20:30)交流懇親会をエスペリアで開催。(懇親会参加費は3500円程度、実費精算)。

お問い合わせは下記まで
一帯一路日本研究センター(BRIJC)

投稿者: administrator

Leave a Comment